総務のひとりごと

紡がれる夢

紡がれる夢

少し旬が過ぎたワールドカップの話。 師走でバタバタしていて記事は更新できていませんでしたが、ベスト8以降は日本以外の試合もほぼ全てリアルタイムで見ていました。 決勝のアルゼンチン対フランスは本当に漫画みたいな展開でしたね。正直後半70分くらいまでは一方的な試合展開に見えましたが、前回大会優勝国の底力はさすがの一言でした。見ているだけでアドレナリンが出て翌朝の勤務は1日中めちゃくちゃ元気だったことを記憶しています。 それ以外の試合も各国のスーパースター選手が皆の期待に応える活躍を見せていて素晴らしかったです。クリスチアーノ・ロナウドの5大会連続ゴール、決勝ハットトリックのキリアン・エムバペ、ほかにも各国過去歴代のエースストライカーのW杯通算ゴールに並び、追い越す記録がたくさん生まれた大会でした。 大人が何かに本気で取り組み、泣いたり笑ったりする姿は、とても美しいものです。報われずピッチにうずくまる選手もたくさんいましたが、その背中を見て次世代の選手が台頭してくるのだなと、見えないバトンが繋がれていく様が見えた3週間弱の出来事でした。 頑張れニッポン!

紡がれる夢

少し旬が過ぎたワールドカップの話。 師走でバタバタしていて記事は更新できていませんでしたが、ベスト8以降は日本以外の試合もほぼ全てリアルタイムで見ていました。 決勝のアルゼンチン対フランスは本当に漫画みたいな展開でしたね。正直後半70分くらいまでは一方的な試合展開に見えましたが、前回大会優勝国の底力はさすがの一言でした。見ているだけでアドレナリンが出て翌朝の勤務は1日中めちゃくちゃ元気だったことを記憶しています。 それ以外の試合も各国のスーパースター選手が皆の期待に応える活躍を見せていて素晴らしかったです。クリスチアーノ・ロナウドの5大会連続ゴール、決勝ハットトリックのキリアン・エムバペ、ほかにも各国過去歴代のエースストライカーのW杯通算ゴールに並び、追い越す記録がたくさん生まれた大会でした。 大人が何かに本気で取り組み、泣いたり笑ったりする姿は、とても美しいものです。報われずピッチにうずくまる選手もたくさんいましたが、その背中を見て次世代の選手が台頭してくるのだなと、見えないバトンが繋がれていく様が見えた3週間弱の出来事でした。 頑張れニッポン!

限界を超えていく人たち

限界を超えていく人たち

2022年12月13日の夜、プロボクサーの”モンスター”井上尚弥選手が史上9人目となる4団体王座統一を達成しました。普段格闘技を見る事のない、ド素人の私が見ても彼の超人ぶりは明らかで、事前に殺陣でもしていたのではと思うくらい、とにかく相手選手のパンチが当たらないのです。 かと思えば目で追えないほどのスピードで繰り出される井上選手の苛烈な攻め。フィクションのようなノンフィクションを、ただひたすらに見守り、気付けば文句なしの試合展開を経て偉業の瞬間を迎えていました。 ところで、井上尚弥選手と私は同い年。身長と体重もたまたま似通っています。(私の体重は筋肉によるものではない) 同じ時を生きながら、こんなに自分とかけ離れた存在になるのは何故なのでしょうか・・・。 おそらく彼には常に目標があり、そこに向かう努力の積み重ねの差なのだろうと、つまりは同じ時間を生きているけれど、同じ密度を生きていないのだろうと、ぼんやり考えるのでした。 天賦の才があるとはいえど、それを腐らせないのは当人次第。井上選手の10,000歩くらい後ろを、今からでも追いかけたい所存です。

限界を超えていく人たち

2022年12月13日の夜、プロボクサーの”モンスター”井上尚弥選手が史上9人目となる4団体王座統一を達成しました。普段格闘技を見る事のない、ド素人の私が見ても彼の超人ぶりは明らかで、事前に殺陣でもしていたのではと思うくらい、とにかく相手選手のパンチが当たらないのです。 かと思えば目で追えないほどのスピードで繰り出される井上選手の苛烈な攻め。フィクションのようなノンフィクションを、ただひたすらに見守り、気付けば文句なしの試合展開を経て偉業の瞬間を迎えていました。 ところで、井上尚弥選手と私は同い年。身長と体重もたまたま似通っています。(私の体重は筋肉によるものではない) 同じ時を生きながら、こんなに自分とかけ離れた存在になるのは何故なのでしょうか・・・。 おそらく彼には常に目標があり、そこに向かう努力の積み重ねの差なのだろうと、つまりは同じ時間を生きているけれど、同じ密度を生きていないのだろうと、ぼんやり考えるのでした。 天賦の才があるとはいえど、それを腐らせないのは当人次第。井上選手の10,000歩くらい後ろを、今からでも追いかけたい所存です。